酵素置き換えダイエットの好転反応

酵素置き換えダイエットを行うと、早い人では初日から、多くの場合は、2日目〜3日目から、頭痛やだるさ、眠さという状態がやってきます。

 

「酵素断食をしたことで、体調が悪くなったのでは?」

 

と不安に思われる方もいらっしゃいます。

 

百人いれば百人とも姿かたちが違うように人の体はそれぞれですから、もしかすると本当に体調が悪くなってしまう場合があるかもしれませんし、タイミング悪く風邪を引いてしまった可能性もあります。

 

ですが、もうひとつ考えられることに好転反応を起こしている、ということもあります。

 

好転反応とは、東洋医療独自の考え方で、「体が良くなる前に一時、悪くなったかのような状態が訪れる」ことを指します。

 

鍼治療を受けた翌日、だるさや眠たさを感じたことのある人は多いと思います。
なぜ、このような状態が起きるのか、科学的には分かっていませんが、酵素断食でも、同じような状態が起きていると考えられます。

 

酵素置き換えダイエットの好転反応は家の大掃除に似ている

 

酵素置き換えダイエットの好転反応は家の大掃除に似ています。
思い出して頂ければ分かると思いますが、家を綺麗にする為の大掃除を始めると、完了するまでに家の中は大掃除をする前よりも散らかってしまいます。
このように、大掃除をしているが故に、一時散らかってしまう状態を好転反応と呼ぶのです。

 

酵素置き換えダイエットの好転反応は、たいてい1日〜3日くらい続くと言われています。
この時期は、寝て過ごすのが一番です。
ですので、酵素置き換えダイエットを始めるタイミングは週末がおすすめです。

 

寝ている間に、体の大掃除と健康回復は行われます。
頭痛やだるさ、眠さは「大掃除の為に寝ていて欲しい」というシグナルでもあるのです。

 

ではなぜ、酵素断食を行うと、体の大掃除が行われるのでしょうか?

 

 

消化のエネルギーを代謝のエネルギーへ